« コレバインでメタボ対策 | トップページ | エフオーワイの配合変化 »

2009年8月12日 (水)

FLAGSについて

進行胃癌を対象に国際共同第Ⅲ相試験FLAGS(First-Line Advanced Gastric Cancer Study )の結果によるとCS群(S-1 50mg/m2/day Day1-21/4wks +CDDP 75mg/m2 Day1)はstandardとみなされるCF群(5-FU civ 1000mg/m2/day Day1-5/4wks + CDDP 100mg/m2 Day1)に対してOSに有意な差を認めず(8.6ヵ月vs7.9ヵ月 p=0.1983)優越性を証明できなかった(同等ではあるが)。したがって、FDAでは承認されず。ただし、S-1の用法・用量が日本と異なる点をどう解釈するか。なお安全性データではCS群が血液毒性(G3,4)の発現頻度が有意に少なかった。

ということで、S-1は世界的なスタンダードへ・・・とはならなったが、これまでの治療と同レベルに有効で、かつ安全性が高い薬剤である可能性が示唆された、と思います。

|

« コレバインでメタボ対策 | トップページ | エフオーワイの配合変化 »

抗がん剤・化学療法」カテゴリの記事

用法・用量」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253618/30940175

この記事へのトラックバック一覧です: FLAGSについて:

« コレバインでメタボ対策 | トップページ | エフオーワイの配合変化 »