« アンカロンの副作用 | トップページ | NMDA受容体拮抗剤としてのケタミンの使用方法 »

2009年9月30日 (水)

病原性大腸菌に対するホスミシン

病原性大腸菌は毒素を産生する。その毒素が生体にダメージをあたえる。
通常、抗生剤により、大腸菌が溶菌した場合、菌内の毒素がばらまかれることになる。
しかし、ホスミシンはこの溶菌時の毒素の放出を抑えることができるらしい。

文献調査およびそのエビデンスを調べる必要があるが、とりあえず、NQ剤やセフェムなど感受性のある菌と併用することもある。(←感染専門Phより)

後日調べてみた。O157の産生するshiga toxins(Stxs:Stx1およびStx2)について検討したvitroの報告があり(高田ら:Jpn J Antibiotics 56(6), 691-696,2003) FOM(fosfomycin)毒性のつよいStx2の菌体内蓄積、遊離が少ないのはやはりFOMだった。これは一般的に成人にはNQ剤、小児にはFOMと言われている中で、上記のような毒素放出抑制の利点を考えてFOMを選択(併用する)メリットを支持する。今後は感受性試験の結果にもよるが、FOMの有用性を頭に入れておこう。ちなみに、成人では3g(6錠)/日くらいは必要だ。

|

« アンカロンの副作用 | トップページ | NMDA受容体拮抗剤としてのケタミンの使用方法 »

疾患と治療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253618/31582672

この記事へのトラックバック一覧です: 病原性大腸菌に対するホスミシン:

« アンカロンの副作用 | トップページ | NMDA受容体拮抗剤としてのケタミンの使用方法 »