« 定常状態と半減期 | トップページ | 圧迫骨折に伴う体動時痛の薬物療法 »

2009年9月 2日 (水)

ペントシリンの投与量

日々仕事をしていて、PIPCの投与量が明らかに少ない場合がある。通常の投与方法では「2g/回を6時間ごと」にである。腎機能が低下してCcrが50-10mL/minの場合2gを8時間ごと、10mL/min未満で2gを12時間ごと、となる。

|

« 定常状態と半減期 | トップページ | 圧迫骨折に伴う体動時痛の薬物療法 »

用法・用量」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253618/31202640

この記事へのトラックバック一覧です: ペントシリンの投与量:

« 定常状態と半減期 | トップページ | 圧迫骨折に伴う体動時痛の薬物療法 »