« NMDA受容体拮抗剤としてのケタミンの使用方法 | トップページ | フェニトインの有効血中濃度(復習) »

2009年10月 1日 (木)

FLCZの投与量

いわゆる真菌感染(カンジダ血症)にはプロジフ(ホスフルコナゾール→フルコナゾール)の維持投与量は、通常腎機能が正常であれば6mg/kg程度は必要と考える(サンフォードより)。したがって、臨床で少なめに処方してくる医師には問い合わせが必要だろう。

|

« NMDA受容体拮抗剤としてのケタミンの使用方法 | トップページ | フェニトインの有効血中濃度(復習) »

用法・用量」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253618/31598919

この記事へのトラックバック一覧です: FLCZの投与量:

« NMDA受容体拮抗剤としてのケタミンの使用方法 | トップページ | フェニトインの有効血中濃度(復習) »