« 病原性大腸菌に対するホスミシン | トップページ | FLCZの投与量 »

2009年10月 1日 (木)

NMDA受容体拮抗剤としてのケタミンの使用方法

ケタミンは通常1~3mg/kg/dayから開始(だいたい50~100mg/day)→もちろん24hr持続。

だいたい100~300mg/dayでコントロールする。

上記投与方法はモルヒネと併用を原則とする。

半減期は3時間

|

« 病原性大腸菌に対するホスミシン | トップページ | FLCZの投与量 »

用法・用量」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253618/31597487

この記事へのトラックバック一覧です: NMDA受容体拮抗剤としてのケタミンの使用方法:

« 病原性大腸菌に対するホスミシン | トップページ | FLCZの投与量 »