« ドルミカムの鎮静時における開始量 | トップページ | グリセオールに含有されるナトリウム »

2009年10月15日 (木)

腎機能低下患者に対するゾメタ

ゾレドロン酸は海外でも日本でもCLcrが30mL/min未満の患者には推奨されない。腎排泄に加え、腎毒性が増強する危険性があるかららしい。では、どうしたらよいのだろうか。根拠なくかなり減量し投与して良いものか・・・。ダメとしてもビスホスフォネートを完全に選択肢から外すことが可能なのだろうか。

|

« ドルミカムの鎮静時における開始量 | トップページ | グリセオールに含有されるナトリウム »

使用上の注意」カテゴリの記事

用法・用量」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253618/31797082

この記事へのトラックバック一覧です: 腎機能低下患者に対するゾメタ:

« ドルミカムの鎮静時における開始量 | トップページ | グリセオールに含有されるナトリウム »