« イレッサと創傷治癒遅延 | トップページ | 尿道炎、子宮頸管炎に対するジスロマックSRDS »

2009年10月 6日 (火)

吸入剤の配合変化

ネブライザーでの注意です。

決して難しくない(はず)なので簡単に覚えておこう。

・ビソルボンはアレベールともムコフィリンとも配合不可(白濁)
・アレベールとムコフィリンは配合OK
・ベネトリンとムコフィリンは1時間くらいで白濁してしまうので用時調製ならOK

ということでまとめると以下のようになります。

  ア ビ ベ ム
ア - × ○ ○
ビ × - ○ ×
ベ ○ ○ - △
ム ○ × △ -

|

« イレッサと創傷治癒遅延 | トップページ | 尿道炎、子宮頸管炎に対するジスロマックSRDS »

使用上の注意」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253618/31686298

この記事へのトラックバック一覧です: 吸入剤の配合変化:

« イレッサと創傷治癒遅延 | トップページ | 尿道炎、子宮頸管炎に対するジスロマックSRDS »