« 尿道炎、子宮頸管炎に対するジスロマックSRDS | トップページ | 腎機能低下患者に対するゾメタ »

2009年10月14日 (水)

ドルミカムの鎮静時における開始量

癌終末期における鎮静に関しては、緩和医療学会のガイドラインに目を通して投与前に考え、行わなければならない必要なポイントを押さえておくべき。

ドルミカムは0.2-1mg/hから開始し、維持量は20-40㎎/日程度(もっと多いこともある)。
だいたい1アンプル/日くらいから開始するのを目安にするくらいでよいか。

|

« 尿道炎、子宮頸管炎に対するジスロマックSRDS | トップページ | 腎機能低下患者に対するゾメタ »

使用上の注意」カテゴリの記事

用法・用量」カテゴリの記事

疼痛・オピオイド・緩和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253618/31780302

この記事へのトラックバック一覧です: ドルミカムの鎮静時における開始量:

« 尿道炎、子宮頸管炎に対するジスロマックSRDS | トップページ | 腎機能低下患者に対するゾメタ »