« 小児薬用量 | トップページ | ソラフェニブの適正使用 »

2009年12月28日 (月)

CDDPのタンパク結合率

CDDP は蛋白結合率が約90%と高く,消失パターンが2 相性を示すことが報告されている.また投与後24 時間の尿中排泄率は約30%であり,β相の半減期が非常に長いという特徴を有している・・・そうです。

|

« 小児薬用量 | トップページ | ソラフェニブの適正使用 »

抗がん剤・化学療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253618/32766104

この記事へのトラックバック一覧です: CDDPのタンパク結合率:

« 小児薬用量 | トップページ | ソラフェニブの適正使用 »