« リン酸コデインの代謝 | トップページ | 小児薬用量 »

2009年12月 8日 (火)

アウトカムとエンドポイント

<p><p><p>疾患や治療のアウトカムとは</p></p></p>

アウトカムOutcomeは転帰と訳されるが,危険因子や治療などの予知因子Predictorによる影響を知るために測定する指標あるいは項目と考えることができる。つまり,効果測定指標、効果測定項目である。たとえば,抗癌剤のランダム化比較試験であれば,抗癌剤またはプラセボ(あるいは従来の抗癌剤)による治療が予知因子であり,その効果を測定する指標は生存Survival,健康関連QOL Health-related quality of life(HR-QOL)などとなる。したがって,この場合のアウトカムは生存やHR-QOLということになる。

アウトカムの内,最終的に測定されるものはエンドポイントEnd pointと呼ばれる。さらに,エンドポイントの一番重要なものは主要エンドポイントあるいは一次エンドポイントPrimary end pointと呼ばれ、それ以外は副次エンドポイントと呼ばれる。

|

« リン酸コデインの代謝 | トップページ | 小児薬用量 »

研究・試験・疫学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253618/32531851

この記事へのトラックバック一覧です: アウトカムとエンドポイント:

« リン酸コデインの代謝 | トップページ | 小児薬用量 »