« シバリングとは | トップページ | セツキシマブによる鼻腔内出血への対応 »

2010年1月25日 (月)

クレスチンの適応

医師より連絡あり。クレスチンが保険で切られたらしい(まだまだ未確認情報)。で、消化器の適応をよく読むと・・・
「胃癌 (手術例) 患者及び結腸・直腸癌 (治切除例) 患者における化学療法との併用による生存期間の延長」
とある。つまり、CKやRKでは治癒切除でないとダメ?・・・ベバシズマブやセツキシマブを投与している患者はアウトっていうことか。

もしそうなら、クレスチン3g/日で1600円/日となり、48000円/月、57万/年の損失??

|

« シバリングとは | トップページ | セツキシマブによる鼻腔内出血への対応 »

使用上の注意」カテゴリの記事

抗がん剤・化学療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253618/33131817

この記事へのトラックバック一覧です: クレスチンの適応:

« シバリングとは | トップページ | セツキシマブによる鼻腔内出血への対応 »