« イレッサはNSCLCの第一選択? | トップページ | がんの組織分類 »

2010年1月 6日 (水)

ホクナリンテープの効果発現時間

ホクナリンテープはTmaxが12時間(小児では14時間)くらいだが、体内動態のグラフおよび作用持続時間(24時間程度)より、有効血中濃度は約1.0ng/mL以上と推測できる。その場合、効果発現時間は6-8時間ではないかと予想する。またt1/2は6-9時間くらいで、注意点は水分のない皮膚に、しっかり貼付して密着させることが大切。

|

« イレッサはNSCLCの第一選択? | トップページ | がんの組織分類 »

使用上の注意」カテゴリの記事

用法・用量」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253618/32879910

この記事へのトラックバック一覧です: ホクナリンテープの効果発現時間:

« イレッサはNSCLCの第一選択? | トップページ | がんの組織分類 »