« AOSDとは | トップページ | モルヒネの動態 »

2010年1月 9日 (土)

治療抵抗性胃癌に対するweekly PAC投与

Gastric Cancer (2009) 12: 206–211
静岡がんセンターからの報告。
CDDP、5-FU、CPT-11に抵抗性の進行胃がんにweekly PAC(80mg/sqm、3投1休)を投与した場合のレトロスペクテイブスタディで、奏効率23.2%,PFS105日、生存期間中央値201日、腹水消失31.3%と一定の効果を示した。
 PACは、NSCLC、MMK、卵巣癌でも3週毎より週1回投与の方が良い結果を示しているので、胃がんでもそれに続く結果か?⇒今後前向きな検討が必要と思います。

|

« AOSDとは | トップページ | モルヒネの動態 »

抗がん剤・化学療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253618/32960608

この記事へのトラックバック一覧です: 治療抵抗性胃癌に対するweekly PAC投与:

« AOSDとは | トップページ | モルヒネの動態 »