« 感度、得意度、陽性的中度 | トップページ | チザニジンとフルボキサミンの併用 »

2010年3月 7日 (日)

パロキセチンとタモキシフェンの併用について

BMJに前向き研究が掲載されました。

タモキシフェンは薬物代謝酵素CYP2D6により代謝を受け活性代謝物であるエンドキシフェンなどに変換されて効果を発揮しますが、この酵素阻害作用を有するパロキセチンを併用(がんに伴ううつなどに対して)すると、TAMの効果が減弱するということが明らかになりました。

タモキシフェン使用期間の25%に相当する期間にパロキセチンを併用していた患者では、乳癌死亡の調整ハザード比は1.24(95%信頼区間 1.08-1.42)、50%の期間で併用していた患者群では1.54(1.17-2.03)、75%の期間併用していた患者では 1.91(1.26-2.89)でした。

全死因死亡についても同様で、パロキセチン併用期間がタモキシフェン使用期間の25%だった患者の調整ハザード比は1.13(1.05-1.23)、50%では1.28(1.11-1.50)、75%では1.46(1.15-1.84)でした。

パロキセチン併用の絶対リスクについては、パロキセチンの平均併用期間はタモキシフェン治療期間の41%であり、このレベルの併用は、タモキシフェン投与完了後の5年間に19.7人(95%信頼区間12.5人-46.3人)に1人の割合で乳癌死亡を増やしていました。

|

« 感度、得意度、陽性的中度 | トップページ | チザニジンとフルボキサミンの併用 »

使用上の注意」カテゴリの記事

抗がん剤・化学療法」カテゴリの記事

研究・試験・疫学」カテゴリの記事

臨床医学系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253618/33712936

この記事へのトラックバック一覧です: パロキセチンとタモキシフェンの併用について:

« 感度、得意度、陽性的中度 | トップページ | チザニジンとフルボキサミンの併用 »