« チザニジンとフルボキサミンの併用 | トップページ | アカルボースとボグリボースの薬理作用の違い »

2010年3月 9日 (火)

プロピベリン塩酸塩の上限

商品名バップフォー

効能・効果

・神経因性膀胱、神経性頻尿、不安定膀胱、膀胱刺激状態(慢性膀胱炎、慢性前立腺炎)における頻尿、尿失禁
過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁

用法・用量

通常、成人にはプロピベリン塩酸塩として20mgを1日1回食後経口投与する。
年齢、症状により適宜増減するが、効果不十分の場合は、20mgを1日2回まで増量できる。

だそうです。

|

« チザニジンとフルボキサミンの併用 | トップページ | アカルボースとボグリボースの薬理作用の違い »

使用上の注意」カテゴリの記事

用法・用量」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253618/33702836

この記事へのトラックバック一覧です: プロピベリン塩酸塩の上限:

« チザニジンとフルボキサミンの併用 | トップページ | アカルボースとボグリボースの薬理作用の違い »