« ブイフェンドの使い方 | トップページ | バンコマイシン注の初回投与量 »

2010年6月 7日 (月)

ボリコナゾールによる視覚障害

重要な基本的注意:
視神経炎、視神経乳頭浮腫等の眼障害があらわれ、本剤投与中止後も羞明、霧視、視覚障害等の症状が持続することがあるので、本剤を投与する患者にはあらか じめ説明し、必要に応じて眼科専門医を受診するよう指導すること。

警告:
羞明、霧視、視覚障害等の症状があらわれ、本剤投与中止後も症状が持続することがある。本剤投与中及び投与中止後も これらの症状が回復するまでは、自動車の運転等危険を伴う機械の操作には従事させないように十分注意すること。

|

« ブイフェンドの使い方 | トップページ | バンコマイシン注の初回投与量 »

副作用・有害事象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253618/35117508

この記事へのトラックバック一覧です: ボリコナゾールによる視覚障害:

« ブイフェンドの使い方 | トップページ | バンコマイシン注の初回投与量 »