« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月25日 (金)

体重減少の原因

体重減少を起こす原因となる代表的な疾患を5つ挙げておきます。これは覚えておくとよいでしょう。糖尿病、甲状腺機能亢進、結核、癌、HIV(AIDS)です。体重減少の95%にはこれらの疾患のどれかが関連するといわれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1日に合成されるアルブミン

約30g。ちなみに鶏の卵1個に含まれるアルブミンは約9g。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

トライエージとトリアージ

トライエージDOA(Triage DOA)
『トライエージDOA』とは、薬物中毒の検出をするためのキットです。
尿検査でできるもので、検出までの時間は15分位でできます。
★検出できる物質8種類★
PCP(フェンシクリジン類)
BZO(ベンゾジアゼピン類)
COC(コカイン類)
AMP(アンフェタミン類:覚せい剤)
THC(テトラヒドロカンナビノール:大麻)
OPI(オピエート類:モルヒネ系麻薬)
BAR(バルビツール酸誘導体)
TCA(三環系抗うつ薬類)
注意点はこんな感じ(リンクあり)です。

トリアージとは(Wikipediaより)
トリアージ(Triage)は、人材・資源の制約の著しい災害医療において、最善の救命効果を得るために、多数の傷病者を重症度と緊急性によって分別し、治療の優先度を決定すること。語源はフランス語の「triage(選別)」から来ている。適した和訳は知られていないが、「症度判定」というような意味。ただ、一般病院の救急外来での優先度決定も広義のトリアージであり、識別救急(しきべつきゅうきゅう)とも称する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

FDP、D-ダイマーとは?

http://www.3nai.jp/weblog/entry/26414.html
金沢大学のHP

あとは「FDP D‐ダイマー」くらいでググる

基準値は検査方法によって異なるようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVT診断にはD-ダイマー

深部静脈血栓症 Deep Vein Thrombosis

(医薬品の副作用として血栓塞栓のリスクがあるときはチェック)

診断のポイント

 発症2週間以内の急性例では,迅速な診断と治療が必要である。

【1】四肢の急な浮腫腫脹,静脈怒張,疼痛(発症は下肢がほとんどで)がみられる。

【2】線溶系マーカーの高値(特にDダイマー)。

【3】超音波検査,造影CT,MR venographyで血流信号の消失,血栓像を認める。

【4】周術期,長期臥床,悪性疾患,高齢者などに発生しやすい

検査とその所見の読みかた

【1】血液検査で凝固線溶系マーカーの上昇を認める。特にDダイマーは病態を反映し,正常なら本症は否定的である。

【2】脈波検査:空気容積脈波検査により静脈容積,最大静脈還流量の低下を認める。

【3】超音波検査:第一選択の検査法である。圧迫法による静脈の虚脱不良,血栓像,血流信号消失を認める

【4】造影CTMRI:CTでは造影による静脈相で血栓の描出,MR venographyで静脈血流の消失を認める

【5】静脈造影:静脈の閉塞,血栓による透亮像を認める。本検査法は侵襲的治療の際など限定して行われるのみとなってきた。

確定診断のポイント

 Dダイマーが高く,画像診断上血栓像を認める場合。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »