« CHOPでPLSを先行する理由 | トップページ | マグセント100mLとウテメリンの使い方 »

2011年3月25日 (金)

リンゴ病

子供によく見られる病気、りんご病。正式には「伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)」という、パルボウイルスによって起こる病気です。

りんご病の症状・期間
このように頬が赤くなって、リンゴのような感じになります
 
頬がりんごのように赤くなるのが特徴のりんご病。
 
始めに頬が赤くなり、手足にレースカーテンのような「紅斑」という赤い発疹が出て、時に体中に広がります。赤みは約1週間で一度消えますが、その後も紅斑が出たり消えたりする症状が3~4週間程度続きます。
 
顔が赤くなる1週間~10日前に微熱や風邪のような症状が出るのも特徴。このときがウイルスが血液中で最も増えた状態で、感染力が強い時期です。本来ならこの時期には学校などを休んで隔離されるべきなのですが、現実的にこの時点でりんご病と診断することはほぼありません。
 
一方、発疹が出てきたときにはウイルスは非常に少なく、感染力はほとんどありません。つまり、りんご病として赤みが出る症状が出た時点では隔離の必要がなく、学校などを休む必要はありません。

りんご病の原因・感染力
 
原因は「ヒトパルボウィルスB19」というウイルスです。このウイルスは、保持者のツバなどからうつる飛沫感染と、皮膚や手すりなどについたウイルスに触ってしまうことでうつる接触感染により人から人に感染します。感染から発症までの潜伏期間は10~20日程度。
 
前述通り、りんご病の発疹が出る1週間ほど前に最も強い感染力を持つため、学校などで顔に紅斑が出ているりんご病の人がいた場合は、すでに感染していることが多いです。しかし、感染しても症状が出ない不顕性感染(ふけんせいかんせん)も場合も多いので、必ずしも発疹が出るわけではありません。
 
紅斑は同じように赤みの出る風疹や、発熱や喉の痛みを伴う溶連菌感染症と間違われることがあります。膠原病のSLEという病気でも頬が赤くなることがあります。溶連菌感染症やSLEなどの病気は重症化する恐れがあり、早期治療が必要。りんご病と思い込んで違う病気を放置しないためにも、正しく検査してりんご病と診断を受けることが大切です。

りんご病の検査・診断
 
りんご病は、医師が頬の赤さと手足の紅斑状態から診断します。また、溶連菌感染の可能性を消すために、溶連菌の迅速検査を行って陰性か確認します。
 
以前はりんご病の確定診断法として、喉を綿棒で擦り、ウイルスの有無を確認する方法や、血液検査などが行われていました。現在は保険診療での検査に制約があり、妊娠中の感染など特殊な場合を除いて、通常は確定診断のための検査は行っていません。

大人・妊婦のりんご病の症状・検査
 
成人がりんご病に感染した場合、頬は赤くならず手足だけに発疹が出る場合があります。発疹の症状も子供より長く、3週間続くこともあります。発熱や関節痛、全身倦怠感を伴い、子供に比べると重症化することが多いのが特徴。
 
特に注意が必要なのは妊婦。妊娠中にりんご病が重症化すると、赤ちゃんに流産や胎児貧血などの深刻な影響が出る恐れがあるため、りんご病に感染したかどうかを早期段階で確定診断する必要があります。
 
妊娠中に紅斑が出た場合は、体内にりんご病のウイルスがあるかを調べるため、通常は行わない「血液検査」でヒトパルボウイルスB19の抗体を検査します。妊娠中に限り、保険診療で検査することが可能です。

    園や学校で流行する病気の一つに「りんご病」があります。
    ほっぺがりんごのように真っ赤になるのですが、普通どおりに生活したり、登園・登校してかまわない感染症です。
 
    もともと血液の病気をもっている方や、妊婦さんがかかると困ったことがおきるので、注意が必要です。
 
■りんご病とは
 
    ほっぺがりんごのように赤くなるので、りんご病と呼ばれています。
    太ももや腕にも、赤い斑点やまだら模様ができます。
    頬はほてって、かゆくなることもあります。
    皮膚があたたかいとかゆみが強くなります(日光にあたったときや、お風呂上がりなど)。
    熱はでません。
 
    大人は、熱や、強い関節痛がでがちです。
 
■治 療
 
    かゆみ止めの薬を使うこともあります。
    そのままで、約1週間で赤みがひいていきます。
 
■家庭で気をつけること
 
    ■生活 -- 普通でかまいません。
 
    ■食事 -- いつもと同じです。
 
    ■入浴 -- 入ってかまいませんが、暖まると赤みとかゆみが強くなりますので、ほどほどに。
 
    ■運動 -- 普通でいいのですが、汗をかいたり、日光にあたると赤みとかゆみが強くなりますので、ほどほどに。
 
■こんなときはもう一度受診を
 
    ■かゆみが強くなったとき。
 
    ■高い熱が出たとき。
 
    ■元気がなくなったとき。
 
■園・学校
 
    頬が赤くなったときは、すでに伝染させる時期はすぎていますし、本人がつらい症状はありませんので、そのまま登園・登校していてかまいません。
    でも、頬があまりにかゆいときや、だるいときなどは、お休みした方がいいかもしれません。
 
■りんご病をおこすウイルス
 
    りんご病は、ヒト・パルボウイルスB19という名前のウイルスによる感染症です。
    日本人では、たいがいの方が小児期に免疫を獲得していて、大人になってからかかる人は少ないようです。
 
    大人の方がかかると、熱や関節痛などの症状が強いのですが、特に妊婦さんは流産の原因になることがあり、注意が必要です。
 
■りんご病と流産
 
    りんご病をおこすウイルスは、赤血球を作る細胞(骨髄の中にある)をこわす働きがあります。
    普通の方にとっては、多少赤血球ができなくてもたっぷりと余裕があるので、心配な症状は何もおきません。
 
    しかし、もともと赤血球の病気(遺伝性球状赤血球症といって、赤血球の形の異常がある病気。日本人ではまれ。)があると、急激に重症な貧血がおきることがあります。
 
    また、妊娠中の方がかかると、胎児の赤血球が壊され、流産の原因になることも知られています。
    流行している時には、妊婦さんは注意が必要です。

|

« CHOPでPLSを先行する理由 | トップページ | マグセント100mLとウテメリンの使い方 »

疾患・病態」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253618/39364259

この記事へのトラックバック一覧です: リンゴ病:

« CHOPでPLSを先行する理由 | トップページ | マグセント100mLとウテメリンの使い方 »