« 反省 | トップページ | ザイザルに根拠のない禁忌? »

2011年5月 1日 (日)

MIC と ブレイクポイントMICの違い

大変基本的なことだと思うのですが・・・今まで勉強不足のため。

こちらから引用させていただきました。

MIC:細菌の増殖を抑制するのに必要な抗菌剤の最少量・・・この数字が小さければ小さいほどその抗菌剤の効力は強い→この数字はあくまで試験管内のことであり、実際に人体に入った場合、実験通りの効力が得られるという保証はありません。

ブレイクポイントMIC:人体内での様々な、条件を勘案して作成。定義は「その抗菌剤のBreakpoint 以下のMIC値の菌であれば、一定の確率(たとえば80%以下)で臨床効果が期待できるMIC」である。

すなわち・・・これまで医師は感染症治療では分離菌のMICや、公表された薬剤感受性成績(MIC80など)を一つの指標として薬剤を選択してきましたしかし、その臨床効果を左右する薬剤側の因子として、試験管内での抗菌力のみでなくその体内動態も重要です。これを無視して臨床効果を予測することは出来ません。その為、医師はこの感受性試験成績に各薬剤の体内動態や抗菌特性といったものを個別に勘案して薬剤を選択する必要があります。

 このような個々の薬剤の体内動態や抗菌特性を考慮しなくても、原因菌のMICを知ることにより抗菌薬の臨床効果を予測することがBreakpoint MICの意義です。

 日本化学療法学会の抗菌薬剤感受性測定検討委員会は、病態の異なる様々な疾患に対して統一されたBreakpoint MICの設定には不合理があると判断し、疾患別にBreakpoint MICを設定しました。

 現在、呼吸器感染症、敗血症、複雑性尿路感染症についてのBreakpoint MICを公表しています。

 Breakpoint MICが高い薬剤とは、有効性を期待できるMIC幅が広いことを意味しています。したがって同一系統の抗菌薬を相対的に評価する際の一助となります。ただし、これだけで薬剤の優劣が決定できるものではなく、臨床分離菌に対する当該薬のMIC分布を考慮してはじめて評価されなければなりません。

「原因菌及びMICが判明している場合」

Breakpoint MICよりMICが小さく、Breakpoint MICとMICの差が大きい抗菌薬を選択します。

「原因菌が判明し、MICが不明の場合」

原因菌と同一菌種のこれまでの薬剤感受性成績(MIC分布)を基に、Breakpoint MIC以下を示す株の割合が高い抗菌薬を選択します。

「原因菌及びMICが不明の場合」

推定原因菌のこれまでの薬剤感受性成績を基に、Breakpoint MIC以下を示す株の割合が高い抗菌薬を選択します。初診時には、原因菌もMICも不明であることがほとんどのため、原因菌の頻度とMIC分布から、Breakpoint MIC以下を示す株の割合が高い抗菌薬を選択します。

 これらBreakpoint MICは特別な代謝障害を持たない、比較的全身状態の良好な患者群の臨床成績から導かれたものですので、肝、腎機能障害や宿主免疫不全に伴う緑膿菌感染のような特殊な例にはそのまま適用できず、与薬量の増減などのさじ加減が必要となります。

|

« 反省 | トップページ | ザイザルに根拠のない禁忌? »

臨床医学系」カテゴリの記事

薬理作用・基礎薬学・基礎系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253618/39817680

この記事へのトラックバック一覧です: MIC と ブレイクポイントMICの違い:

« 反省 | トップページ | ザイザルに根拠のない禁忌? »