« 亜鉛華軟膏と亜鉛華「単」軟膏 | トップページ | モルヒネの透析における除去 »

2011年8月31日 (水)

アルプロスタジルの禁忌

ASOの患者。痛みが強いがNSAIDsによると思われる消化性潰瘍あり。さらに慢性腎不全。さて、疼痛治療はどうする?
1.モルヒネ低用量。
2.アセトアミノフェン
3.アルプロスタジル
4.ブロックとか・・・

気をつけなければいけないことは、
①日本では出血性潰瘍、腎機能不全があったらアセトアミノフェンは「禁忌」。
②3.のリプルについては確かに効果だけを考えたらだめで、禁忌に「出血」というのがあるため、この患者には使えない・・・。

モルヒネ?Up to date では

Clcr 10-50 mL/minute: Children and Adults: Administer at 75% of normal dose

       

Clcr <10 mL/minute: Children and Adults: Administer at 50% of normal dose

だそうです。

|

« 亜鉛華軟膏と亜鉛華「単」軟膏 | トップページ | モルヒネの透析における除去 »

使用上の注意」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253618/41436443

この記事へのトラックバック一覧です: アルプロスタジルの禁忌:

« 亜鉛華軟膏と亜鉛華「単」軟膏 | トップページ | モルヒネの透析における除去 »