« 切迫早産治療薬の最大投与量 | トップページ | ハベカシンの点滴時間 »

2011年12月 7日 (水)

デュロキセチンに徐脈の副作用はあるか

サインバルタのIFより国内735例のデータより報告なし。逆に、動悸26例(3.5%)、頻脈15例(2.0%)である。その他注意としては以下の通り。

  • セロトニン症候群..不安、焦燥、興奮・混乱・もうろう状態、取り乱す、幻覚、発汗、体のぴくつき、ふるえ、けいれん。
  • 悪性症候群(Syndrome malin)..急激な体温上昇、筋肉のこわばり、体の硬直、発汗、ふるえ、意識がはっきりしない。
  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)..だるい、のどが渇く、頭痛、吐き気、けいれん、意識もうろう、気を失う。
  • けいれん..筋肉のぴくつき、ふるえ、白目、硬直、全身けいれん、意識低下・消失。
  • 幻覚..本当ではない声や音が聞こえる、現実ではない人や物が見える、誤った思い込み。
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。
  • 重い皮膚症状..高熱、ひどい発疹・発赤、唇や口内のただれ、のどが痛い、水ぶくれ、皮がむける、強い痛み、目の充血。
  • アナフィラキシー様症状..じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、息苦しい(ゼーゼー)。
  • 高血圧クリーゼ..急激な血圧上昇、著しい高血圧、心拍数増加、激しい頭痛、吐き気、動悸。
  • 尿閉..尿が出にくい、まったく出ない。

|

« 切迫早産治療薬の最大投与量 | トップページ | ハベカシンの点滴時間 »

副作用・有害事象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1253618/43287591

この記事へのトラックバック一覧です: デュロキセチンに徐脈の副作用はあるか:

« 切迫早産治療薬の最大投与量 | トップページ | ハベカシンの点滴時間 »