日記・コラム・つぶやき

2011年4月30日 (土)

反省

昨日、息子を寝付かせようとして、お話していたりしていたら、こちらが眠たくなってきた。うとうとしていたら、鼻の穴に指を入れてきたので、「痛いからやめろ」といったら、息子が悲しそうに泣いてしまった。さらに、こちらがかなり深い眠りについてきたころ、「うんち~」と遠くで叫ぶ声。気が付いたら顔の前に息子の顔。「お母さん呼びに行く~」といっている。「ウンチか?」と聞くと「うん」という。急いでトイレに連れて行ったが・・・ウンチ漏れていた。

ごめんな~。お父さん、こんな夜中にうんちしたくなるとは思わなかったから、まさかと思っていたよ。かなり我慢して、かなり起こそうと努力したんだろうなぁ~・・・反省。

次から寝付かせる時は、最後まで責任持つからね。あと、夜中でもうんちしたくなることがあるってよく認識しておくよ。

かわいい息子に約束します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

右翼と左翼

よくわからなかったので、ちょっとネットで調べてみました。

右翼・左翼の言葉自体はフランス革命のころのフランスの
議会が右に保守派・左に革新派が座ったためにできたそうですが、
日本で右翼左翼というと敗戦後の
右翼=戦前の天皇制の体制は間違っていなかった(保守派)
左翼=戦前の体制も今の体制もだめだ。日本を共産主義にしよう(革新派)
の意味で数十年続いていると思います。

1.右翼:帝国主義的思想⇔左翼:共産主義的思想
2.右翼:天皇賛成派⇔左翼:天皇反対派
3.右翼:単に賛成派の意⇔左翼:単に反対派の意
おおまかな意味としては、ある策に対して賛成派が右翼、反対派は左翼。何かを改革するときは保守派が右翼、反対派は左翼とな るのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月31日 (月)

「おざなり」と「なおざり」

気になったことなので調べてみました。

おざなり:「御座(敷)の形<なり>」が由来。宴会の席(御座敷)などで表面的に形ばかりを取り繕った言動のこと。つまり「おざなりな対応」は、一応の対応はしているがその中味はいい加減で不充分という意味。

なおざり:「等閑」とかく。すなわち「閑=ひま、のどか」に「等しい」で、「まじめに、取り組まない」こと。「対応をなおざりにする」となると、対応そのものを行っていないという意味になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

がんばります

今日から、仕事をしていて気になったことを「記憶に自信がないので」記録を残していきたいと思います。私はレベルの高い薬剤師ではないですが、このブログを勉強のツールとして利用しながら、薬剤師的内容だけでなく、日々感じたことも記録したいと思います。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)