用法・用量

2011年12月 7日 (水)

ヘパロックは10単位か100単位か

添付文書では・・・

10単位/mL製剤は通常6時間までの,100単位/mL製剤は12時間までを標準とし最長24時間までの静脈内留置ルート内の血液凝固防止(ヘパリンロック)に用いる.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

透析時のアミノ酸

透析時ではアミノ酸が喪失するので、「実は」大目に必要。HDで1.2g/kg/日、CAPDでは1.3g/kg/日が必要。←通常は0.8-1.0g/kg/日くらいだから、比較すると多いことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハベカシンの点滴時間

ハベカシン 2hrで点滴というオーダーあり。
問い合わせ。

通常は・・・・1hrで点滴し、点滴開始直後に採血→Peak 9-20μg/mL。トラフは2μg/mL未満。30分で点滴するときも点滴開始1hrの時点で採血。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

切迫早産治療薬の最大投与量

リドトイン 開始50μg/分→通常50~150μg/分・・・最大200μg/分
マグセント ローディングとして初回40mL(20分)→通常10mL/h・・・最大20mL/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

透析時のリリカ

Pharmacodynamics/Kinetics                   

Onset of action: Pain management: Effects may be noted as early as the first week of therapy.

                  

Distribution: Vd: 0.5 L/kg

                  

Protein binding: 0%

                  

Metabolism: Negligible

                  

Bioavailability: >90%

                  

Half-life elimination: 6.3 hours

                  

Time to peak, plasma: 1.5 hours (3 hours with food)

                  

Excretion: Urine (90% as unchanged drug; minor metabolites)

さて、透析時は?(透析で体内の半分程度除去される?)

クレアチニンクリアランス Cmax
(μg/mL)
Tmax
(h)
AUC0-∞
(μg・h/mL)
T1/2
(h)
CL/F
(mL/min)
CLr
(mL/min)
≧60mL/min
(n=11)
1.86
(0.39)
1.00
(0.224)
15.9
(4.4)
9.11
(2.83)
56.5
(17.6)
44.9
(23.6)
≧30-<60mL/min
(n=7)
1.53
(0.29)
1.29
(0.393)
28.2
(5.0)
16.7
(4.1)
30.6
(7.3)
15.4
(7.7)
≧15-<30mL/min
(n=7)
1.90
(0.62)
1.93
(1.48)
52.3
(11.7)
25.0
(6.7)
16.7
(3.9)
9.23
(3.37)
<15mL/min
(n=1)
1.69 1.00 101 48.7 8.30 4.30

*本剤は主として未変化体が尿中に排泄されるため、腎機能が低下している患者では、血漿中濃度が高くなり副作用が発現しやすくなるおそれがあるため、患者の状態を十分に観察し、慎重に投与する必要がある。腎 機能障害患者に本剤を投与する場合は、下記に示すクレアチニンクリアランス値を参考として本剤の投与量及び投与間隔を調節すること。また、血液透析を受け ている患者では、クレアチニンクリアランス値に応じた1日用量に加えて、血液透析を実施した後に本剤の追加投与を行うこと。複数の用量が設定されている場 合には、低用量から開始し、忍容性が確認され、効果不十分な場合に増量すること。なお、ここで示している用法・用量はシミュレーション結果に基づくもので あることから、各患者ごとに慎重に観察しながら、用法・用量を調節すること。[「薬物動態」の項参照]
クレアチニンクリアランス(mL/min):≧60
1日投与量:150~600mg
初期用量:1回75mg1日2回
維持量:1回150mg1日2回
最高投与量:1回300mg1日2回
クレアチニンクリアランス(mL/min):≧30-<60
1日投与量:75~300mg
初期用量:1回25mg1日3回又は1回75mg1日1回
維持量:1回50mg1日3回又は1回75mg1日2回
最高投与量:1回100mg1日3回又は1回150mg1日2回
クレアチニンクリアランス(mL/min):≧15-<30
1日投与量:25~150mg
初期用量:1回25mg1日1回もしくは2回又は1回50mg1日1回
維持量:1回75mg1日1回
最高投与量:1回75mg1日2回又は1回150mg1日1回
クレアチニンクリアランス(mL/min):<15
1日投与量:25~75mg
初期用量:1回25mg1日1回
維持量:1回25又は50mg1日1回
最高投与量:1回75mg1日1回
クレアチニンクリアランス(mL/min):血液透析後の補充用量注)
初期用量:25又は50mg
維持量:50又は75mg
最高投与量:100又は150mg
注:2日に1回、本剤投与6時間後から4時間血液透析を実施した場合のシミュレーション結果に基づく。

Up to dateより↓

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           
Pregabalin Renal Impairment Dosing
                              

Clcr

                              

(mL/minute)

                              

Total Pregabalin Daily Dose

                              

(mg/day)

                              

Dosing Frequency

                              

                                 Posthemodialysis supplementary dosage (as a single additional dose):

                              

25 mg/day schedule: Single supplementary dose of 25 mg or 50 mg

                              

25-50 mg/day schedule: Single supplementary dose of 50 mg or 75 mg

                              

50-75 mg/day schedule: Single supplementary dose of 75 mg or 100 mg

                              

75 mg/day schedule: Single supplementary dose of 100 mg or 150 mg

                              

≥60

                              

150

                              

300

                              

450

                              

600

                              

2-3 divided doses

                              

30-60

                              

75

                              

150

                              

225

                              

300

                              

2-3 divided doses

                              

15-30

                              

25-50

                              

75

                              

100-150

                              

150

                              

1-2 divided doses

                              

<15

                              

25

                              

25-50

                              

50-75

                              

75

                              

Single daily dose

                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

てんかん予防のフェノバルビタール

フェノバール内服をしていた患者さんが注射に切り替えることになった。静注の適応があるのはノーベルバール®。すでに数か月フェノバール内服中だったので、維持容量は・・・

確認すべきポイントとしては、
バイオアベイラビリティが100%であること。
維持量であること。
(血中濃度確認済であること)

ということで、『同じ量でそのまま注射OK』と判断。
通常であれば2mg/kgとして血中濃度20μg/mL程度であれば全く問題なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

マグセント100mLとウテメリンの使い方

いつも忘れやすいので、メモです。

マグセント
切迫早産における子宮収縮の抑制
1.切迫早産における妊娠の延長に関する硫酸マグネシウム水和物の有効性及び安全性は確立されていない。
2.本剤は、副作用等によりリトドリン塩酸塩の投与が制限される場合、又はリトドリン塩酸塩で収縮が抑制されない場合に投与すること。
用法・用量**初回量として、40mL(硫酸マグネシウム水和物と して4g)を20分以上かけて静脈内投与した後、毎時10mL(1g)より持続静脈内投与を行う。なお、子宮収縮が抑制されない場合は毎時 5mL(0.5g)ずつ増量し、最大投与量は毎時20mL(2g)までとする。(←1本5時間)子宮収縮抑制後は症状を観察しながら漸次減量し、子宮収縮の再発がみられな いことが確認された場合には中止する。本剤は持続注入ポンプを用いて投与すること。

用法及び用量に関連する使用上の注意

1.
**本剤をプラスチック瓶のまま初回投与量として使用してはならない。初回量として使用する場合は、40mL(硫酸マグネシウム水和物として4g)をシリンジに吸引して使用するものとし、残液は持続注入ポンプを用いて静脈内に持続投与する。
2.
本剤の投与は48時間を原則とし、継続して投与する場合は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合に限って投与することとし、漫然とした投与は行わないこと5,6)
3.
本剤の投与中は、血中マグネシウム濃度をモニターしながら、副作用に注意して使用すること。
4.
本剤の投与中は、マグネシウム中毒を防止するため慎重な観察を行うこと。
・投与前及び増量時の膝蓋腱反射の検査、呼吸数の変動の確認、尿量の測定

ウテメリン50㎎
緊急に治療を必要とする切迫流・早産

用法及び用量

 通常,1アンプル(5mL)を5%ブドウ糖注射液または10%マルトース注射液500mLに希釈し,リトドリン塩酸塩として毎分50μgから点 滴静注を開始し,子宮収縮抑制状況および母体心拍数などを観察しながら適宜増減する。子宮収縮の抑制後は症状を観察しながら漸次減量し,毎分50μg以下 の速度を維持して収縮の再発が見られないことが確認された場合には投与を中止すること。
 通常,有効用量は毎分50~150μgである。なお,注入薬量は毎分200μg(12mg/時間)を越えないようにすること。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

バンコマイシン注の初回投与量

Am J Health-syst Pharm 66, 84, 2009の表によると、Daily doses of 15-20mg/kg given every 8-12 hr are recommended for most patients with normal renal function to achieve the suggested serum concentrations when  the MIC is ≦1mg/L.と書いてある。

さらに、Loading doses of 25-30mg/kg can be used・・・と書いてある。

ということで、かなり多い量から開始して、TDMをすることが望ましいようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

ブイフェンドの使い方

ブイフェンド注200㎎:

通常、成人にはボリコナゾールとして初日は1回6mg/kgを1日2回、2日目以降は1回3mg/kg又は1回4mg/kgを1日2回点滴静注する。
 
<点滴静脈内注射溶液の調製法>
本剤を注射用水19mLに溶解し、必要量の溶解液を配合変化がないことが確認されている輸液に加えて希釈して用いる。本剤を注射用水19mLに溶解した液(濃度10mg/mL)は、通常「日局」生理食塩水を用いて希釈して、点滴静脈内投与する(希釈後の点滴静脈内注射溶液濃度0.5~5mg/mL)。
    本瓶は内容が減圧になっているので、容易に注射用水19mLを注入することができる。万一、通常の操作で溶解液が入らない場合は、外気が入っている可能性があるので使用しないこと。

ブイフェンド錠(50㎎、200㎎)
通常、成人(体重40kg以上)にはボリコナゾールとして初日に1回300mgを1日2回、2日目以降は1回150mg又は1回200mgを1日2回食間 投与する。なお、症状に応じて又は効果不十分の場合には、増量できるが、初日投与量の上限は1回400mg1日2回、2日目以降投与量の上限は1回 300mg1日2回までとする。
また、体重40kg未満の患者には、ボリコナゾールとして初日は1回150mgを1日2回、2日目以降は1回 100mgを1日2回食間投与する。なお、症状に応じて又は効果不十分の場合には2日目以降の投与量を1回150mg1日2回まで増量できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

メトホルミン高用量可

いままでのメルビンではMAX750㎎(3T)だったが、メゴグルコは2250㎎(9T)まで投与可能。さらに軽度の臓器障害は禁忌ではないらしい(いままでは禁忌)。

日本ではビグアナイドが効果弱いと思われていたのは、欧米の2000~3000㎎の投与量の1/3-1/4という低投与量が原因と考えられる。しかし、乳酸アシドーシスについては注意が必要だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧